レコーディング

不惑の歳の誕生日の記念に、いつかやってみたかったスタジオ

レコーディングをやってみました!

曲は「恋におちて」

本当はAIの「Story」やろうかと思ったけど、キーが合わなくて。

AIって超低音ですね。私も結構低音得意なはずなんですが、低すぎて

断念。

でも何十年??も歌ってる「恋におちて」にして正解でした。

これだけ歌いなれた歌でも、音程が安定してなかったので

歌いなれない歌はやめておいて正解。


そうそう、多重録音で自分の声でハモリも入れてみましたよ。


ミキシングに時間がかかるのでまだ完成版はできていないのですが、

当日もらったラフ・ミックス版は聴きました。

録音がきれいな分、粗が目立ちますねー(^_^;)

安定した音程で歌うのってほんと難しい。

自分がこんなにも音程悪いと初めて気が付きました。

録音は普段からやって自分の歌は聴いているけど、やっぱりちゃんと

スタジオで録ると全然違います。自分の実力を思い知りました。

でも、とてもいい経験だったし楽しかった!

勉強になりました!

想像はしていたけど、部分的に気に入らないとこだけ歌い直したり、

1つの言葉だけ、例えば「もしも」だけtake1とtake2で入れ替えたり

できるんですよー。これはあまりやるとデータがガタガタになるんで

多用はしないほうがいいみたい。プロのCDでもやってるみたいで

聴く人が聴けばわかるんだって!


ちなみに「意味もなく録音に来る酔狂な輩は私のほかにもいるんですか」

とスタジオのお兄さんに聞いてみたところ

「いますよ!」と即答の後に出てきた例が年間10曲くらいレコーディング

する70代のおじいちゃんの話。。。

やっぱあまりいないんだな。。。(笑)

「意味もなく」というのは、わざわざお金はらってレコーディングするのは

普通はオーディション用とか販売用(自費出版)とかだと思うので

「記念に」とか、「単なる趣味で」ってことです。

そんでそのおじいちゃんは時々カラオケ仲間のお友達を連れて

レコーディングにやってくるのだけど、たいていの人は

自分の声に落胆して帰っていくのだとか。。。(笑)

完成版が楽しみです!!
[PR]
by orangeteatree | 2015-11-02 23:16 | 音楽

不惑の歳に。。。

不惑の歳って、英語でなんていうんだろうって思って調べてみたら、なんかぴったりくる訳は
見つからなかったんだけど、すごい素敵な意訳を見つけました。

Life starts at fourty.

孔子の意図は全く無視されているような気もするけれど。。。
でもなんかこの訳良いですよね。

20代から30代になる時って、なんかすごい焦りのような気持ちがあったけれど
30代から40代へシフトってもう少し緩やかというか、心の準備ができていた気がします。
アラフォーって言葉があったおかげかも。。。

思えば35からの5年間は新しいことへのチャレンジの連続だった気がします。
同時に、生きることが楽になってきたのもこの5年間だった気がします。

35歳で運転免許を取って車を買いました。
36歳でバンドに入りました。
37歳で念願の第九を初めて歌いました。
38歳でウクレレに出会いました。
39歳で初めてオープンマイクに出演しました。

さて、40歳でなにしようかな。















[PR]
by orangeteatree | 2015-11-01 20:51 | 生活・その他

Lifie is short.

by orangeteatree
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30