『100,000年後の安全』(Into Eternity)

『100,000年後の安全』(Into Eternity)というフィンランドのドキュメンタリー映画を見ました。

この映画は、フィンランドの核燃料の最終処分場「オンカロ(隠された場所)」を舞台とした

ドキュメンタリーです。


フィンランドでは、2100年までにフィンランド中の使用済み核燃料を、現在建設中のその

地下500mの施設に集め、埋めるプロジェクトが進んでいるそうです。

核燃料が有害でなくなるまでに100,000(10万)年。。。だからこの施設は10万年の間、

安定した状態で保たれなければなりません。

10万年、それは人類発生から現在に至る人類の歴史そのものの長さだそうです。

だから、これから先の10万年の間に、人類がどうなっているか、どんな言葉を理解し、

どんな知識レベルなのか。それは全く予想ができません。

この映画は、誤ってこの最終処分場に迷い込んでしまった“未来の人”へ問いかける形

で進んでいきます。


「この施設は危険だから掘り起こしてはならない」そんな標識を立てたとしても、

数万年後の人類がそれをすぐに理解するとは、到底思えない。

そのようなしるしを残すことが、むしろ好奇心を刺激して、掘り起こしてみようと思わせる

かもしれない。

我々がピラミッドを掘り起こすように、数万年後の人類は、それを掘り起こすかも知れない。

だからむしろ埋めてしまったら、何のしるしもつけず、そのうえに木を植え、家を建て、

忘れてしまった方がいいという議論もある。


核燃料の最終処分場は、世界中でその建設中のオンカロしかないそうです。

フィンランドのオンカロは、地中深く、18億年前の地層に建設しています。

地震の多い日本では、地下に埋めるというのも無理そうです。

便利さと引き換えに、人類が払うべき代償はあまりに大きい。

放射能の発見からわずか100年。それが人類そのものの歴史の長さに匹敵する

10万年に渡ってそのつけを払わされるのか。
[PR]
Commented at 2012-04-27 11:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by orangeteatree | 2012-04-22 22:42 | 生活・その他 | Comments(1)

Lifie is short.

by orangeteatree
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31